家賃は管理費込み、適正な家賃の予算を決めよう

賃貸広告は隅々まで目を通しておきましょう

賃貸物件の広告表示には、大体「月々7万円」や「家賃7万円」など、シンプルな表示をしてあるものもあります。自分の理想と近い物件なら、「これは良さそうな物件だ!」とすぐに契約してしまいたくなる気持ちもわかります。しかし後々、「こんな支払いは聞いてない!」ということにならないように、契約の段階できちんとした確認をしておく必要があります。

家賃表示についてありがちな見落としとして、管理費や共益費が表示に含まれているかいないかということが挙げられます。投げ込みチラシの類でも通常は、管理費等月々かかる費用については「管理費3000円を含む」「管理費、共益費は別途加算」ときちんと表示してあります。広告に大きく記載されている金額だけでなく、隅々まできちんと見て、月々にかかる費用を確認しましょう。

敷金や礼金が思っていた金額と違うことのないように注意!

先述した管理費や共益費が、家賃に含まれるかどうかということは、実は別の支払いに影響を及ぼすということをご存知でしょうか?敷金や礼金の支払いがある場合、実は管理費や共益費が家賃に含まれているかいないかで金額が変わってきます。

敷金や礼金は家賃をベースに○か月分、と計算されます。そのため管理費等が家賃に含まれていないほうが、敷金や礼金は安く済むという訳です。賃貸を借りる場合は、引っ越し費用、生活のための初期費用など、何かと出費が重なりがちです。少しでも節約したいと考えている人は、このような観点からも、物件探しをする方法もあります。

最終的な確認は、契約書および重要事項説明書の読み合わせをする時点で出来ます。不安なことがあれば安易な契約は避け、納得できるまで質問をしましょう。