女性の一人暮らしの部屋を探す時のポイント

防犯面のチェックが大切

女性の一人暮らしで不安を感じやすいのは防犯面ですよね。安心のできる部屋を選ぶには、まずセキュリティの有無をチェックしてみましょう。オートロックや防犯カメラ、管理人の有無など、防犯に力を入れている物件ですと安心感を持ちやすいはずです。階数選びも大事なポイントで、できれば2階以上の部屋を選ぶのがおすすめです。1階は出入りが容易で人気もありますが、外から簡単に中が見えたり、ベランダから侵入されたりするリスクも考えられます。電信柱や非常階段などから侵入をするケースもあるため、部屋に繋がる経路の有無も併せてチェックしておきましょう。どうしても住みたい部屋の防犯性が甘い場合、ホームセキュリティを利用することも可能ですので、そちらを一考してみるのもおすすめです。

立地をよく確認しよう

部屋選びは立地も大切です。ポイントのひとつは距離で、学校や勤め先などからできるだけ近い方が安心と言えます。移動距離が長ければ行き来での不安を感じやすいですし、夜遅くなると夜道の移動をせざるを得なくなることもあります。立地が良い場所ですと家賃が高くなることも多いですが、安心安全とのトレードオフと考えることも必要でしょう。経路そのもののチェックも欠かさないことが大切です。特に夜間の状況確認はしっかりと行っておきたいところですね。日中ですと、どうということもない場所でも、夜間になると街灯や人通りが少なく不安を感じるシチュエーションになることもあります。昼間だけでなく夜も足を運んでみて、通学通勤を安心して行えそうな環境なのか確認をしてみましょう。