いつから借りる準備をした方がいい?計画をまず立てよう

2ヶ月前を目安に行動開始

部屋探しは、引っ越し予定の2ヶ月前くらいから開始をするのがお勧めです。余裕をもってもっと前から探すのも良いのですが、賃貸の場合は基本的に仮押さえができません。つまり良い物件が見付かったとしてもキープができないため、せっかくの出会いも意味がなくなってしまいます。だからといって引っ越しの直前に探し始めると、じっくりと物件を見極めることができませんし、急いで決めてしまうと後悔をすることにもなりかねません。したがって、ある程度の余裕を持てる2ヶ月ほどを目安に、行動を起こすのが良いと言えます。とはいえ、引っ越しは慌ただしくなりがちであり、のんびりもしていられませんので、段取りを決めてテキパキと計画を進めていきましょう。

条件を明確にしておこう

実際に部屋探しを開始すると、どの物件が良いのか迷ってしまうこともあるはずです。引っ越しの準備をしながら内覧の時間もつくらなければいけないため、選択に迷い過ぎてしまうのも考えものです。スムーズに部屋を決めるには、自分の中でしっかりと条件の整理をしておくことが大切と言えます。家賃や欲しい設備、立地など、求める条件をあらかじめ整理しておけば、物件選びを迅速に行えるはずです。また、希望を整理することで部屋選びに失敗するリスクも軽減できるでしょう。考えが曖昧なままに決めてしまうことで失敗をするケースも少なくありませんので、まずは自分がどのような部屋に住みたいのか、考えを書き出すことから始めてみてはいかがでしょう。